So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

KATO キハ283系 スーパーおおぞら の再販前に・・・ [鉄道模型]

D81_0018_R.JPG
JR北海道が1996年から製造・導入していった、特急用気動車。
火災になったりなどで騒がれたりして、キハ283系は構造欠陥などと言われてますが、そもそも、冬の北海道のガチガチに凍結したクッション性のない道床上の線路をガンガン走り続ければどんな車両でも20年ほどで寿命が来て当たり前!!
しかも、走行距離も札幌~釧路片道で348.5㎞・・・

経営さえしっかりしていれば、誹謗中傷も無かったことでしょう。

suzuran6は大好きな車両です。

そんな、キハ283系がKATOさんから、再生産されますので、もう少し増備をしなければいけません。そこで、少し資料を引っ張りだし整理してみました。
なんといっても悩むのは編成です。

数少ない編成写真を拡大などしてチェック

‎2011‎年‎6‎月‎28‎日 2_R.JPG
札幌発の「スーパーおおぞら」の一部は、苗穂駅で待機の後札幌駅へ向かっております。
それがチェックに最適なんです。
2011‎年‎6‎月‎28‎日、昼頃、これは、キハ282 2000番台を2両含んだ7両編成と思われますが、判別できず・・・

‎2011‎年‎6‎月‎28‎日_R.JPG
2011‎年‎6‎月‎28‎日夕方の「スーパーおおぞら」は6両編成でした。

‎2013‎年‎8‎月‎2‎日_R.JPG
2013‎年‎8‎月‎2‎日は7両編成でしたが・・・

‎2013‎年‎8‎月‎2‎日 2_R.JPG
後ろ3両が楽しい編成。

‎2017‎年‎10‎月‎22‎日_R.JPG
2017‎年‎10‎月‎22‎日夕方の札幌駅・・・6両編成でした。

これらの写真を基に拡大などして判断し・・・
スーパーおおぞら 編成集_R.jpg
こんな絵を作ってみました・・・結構時間がかかりました・・・
(クリックするともう少し鮮明に見えます)

D81_0070_R.JPG
こちらは、キハ282の2000番台、屋根の端に屋根の上を滑ってゆく氷でガラスなどが割れない様にブロックするパンチメタルのガードがついています。
(5枚目の写真の様に中間に運転席が入った場合が特に危険)

D81_0070 2_R.jpg
拡大!!
こんな風に付いております。パーツは用意できています。
屋根板に付けるか、車端部につけるか、悩んでいます。

スーパーおおぞら  編成表 インサート_R.jpg
走らせる時に、どんな順番・向き?と悩まない様にこんな物を用意しケース内へ・・・
以前どこかで動画を見た10両中運転台付きが6両(一両は準備車)も入っている編成にしました。
キハ282 0,100,2000,3000が入ったキハ283系見本市みたいな編成です。

インデックススーパーおおぞら_R.jpg
ケースのラベルも制作いたしました。
準備完了です。

工作報告は後日・・・

ただ、もう1編成をどの様にするかまだ決まっておりません。

nice!(40)  コメント(8) 

年越しの準備 2 鰊漬(にしんづけ) [ぶらり]

旭川に出張に行った時に・・・
八百屋.jpg
こんな写真をUPしていたのですが・・・
suzuran6が子供の頃、初雪が降る11月の始めになると、どこの八百屋さんもこんな感じで、大根・白菜・キャベツなどが店先に放置並んでおりました。
かなりの家庭でこの時期に漬物を漬けておりました。suzuran6の実家では「白菜の漬物」と「沢庵」、そうして「鰊漬」を1斗樽に漬けておりました。
「白菜の漬物」は12月に入った頃「沢庵」は12月の中旬頃、そうして年末になると「鰊漬」が食卓に上がっておりました。
でも、東京で、このタイプの漬物はすぐに過醗酵(簡単に言うと腐って・・)してしまいますので漬けられないのですね。でも、おいしい「白菜の漬物」「沢庵」は売っていますので、何とか我慢できるのですが、問題は「鰊漬」北海道のお土産売り場には売っていますが、お値段も結構よろしく、おまけに日持ちしません。

そこで、最近は年末に自作しております。

まずはこれ。
DSC_7186_R.JPG
「身欠きにしん」最近東京のスーパーでは扱っていない事が多く、結構探し回りました。

DSC_7187_R.JPG
軽く水洗いしたのち、頭としっぽの部分を切り落とし(容器のサイズの都合で半分に切っています)
身欠きにしんを軽くあぶって味噌を付けて食べると、おいしいのよねぇ~

DSC_7188_R.JPG
で、米のとぎ汁を注ぎ、1晩~1日うるかし(ふやかす事を北海道ではこう言います)ます。

DSC_7190_R.JPG
大根1本、キャベツ1個、人参1本を刻み・・・

DSC_7191_R.JPG
うるけた(柔らかくなった)身欠きにしんは、ひれなど、食べた時に邪魔になるものは取り除き、この様なサイズに切ります。

DSC_7192_R.JPG
で、野菜をおおよそ均等にジップロックの大きいのに分けて入れ、ぬるま湯で、うるかした(意味わかりますね)麹を準備。

DSC_7197_R.JPG
身欠きにしん、麹もジップロックに入れ、その重量を量ります。

DSC_7198_R.JPG
塩、我が家ではおおよそ2%にしております。(塩はしっかりと量って入れてます)

DSC_7200_R.JPG
塩を入れた後、ゆすり、塩がまんべんなく行き渡る様にします。

DSC_7201_R.JPG
1時間ほど常温で放置していると水が出始めます。

DSC_7203_R.JPG
できるだけ、空気を抜き、冷蔵庫の野菜室へ、そうしてその上に缶ビールなどを載せておきます。

DSC_7213_R.JPG
始めの2~3日は均等になる様に、1日に1回は空気を入れて、揉む・・・と言うよりはほぐす。
これは1週間ほど経った状態です。

DSC_7221_R.JPG
2週間も経つと、こんな感じ、で匂いもおいしそうな漬物の香りとなっております。

DSC_7223_R.JPG
この頃、容量的には半分ほどになりますので、1つの袋にまとめ(味の均等化を図る意味でも)ます。この時に味見をしましたが、いい感じになってきています。あと2~3日後が食べ頃。

もし、よろしけれな、皆さんも試してみては?意外とちゃんとした漬物が出来上がります。
この漬物で前回仕入れて来たお酒。紅白を最後まで見ていられるか・・・

これが、今年のラストになるかも・・・

皆様、良いお年をお迎えください。
nice!(37)  コメント(11) 
前の2件 | -
メッセージを送る