So-net無料ブログ作成

TOMIX 82系 KATO 82系と少し比較 [鉄道模型]

今回は先週、到着をお伝えしたこれをちょっと、紹介いたします。
DSC_0441_R.jpg
手前が今回のTOMIX製(以後T)奥がKATO製(以後K)

DSC_0443_R.jpg
右がT、左がK。
若干Kの方の車高が高い様です。

DSC_0447_R.jpg

DSC_0466_R.jpg
どちらの顔が好みでしょうか?

DSC_0467_R.jpg
2位側の連結面。
少しづつ、ディテールが違う様です。
左のTの屋根パーツの浮きが少し気になります。

キハ82 101 2_R.jpg
これは「八甲田丸」に保存されている、キハ82 101 です。
Tの方が正しい感じです。

DSC_0498_R.jpg
運転台部分の屋根です。Kの方のファンはフィンが表現されています。
もう一つ違う所は矢印の部分、発煙筒の取り付け位置なのですが、クリーム色の部分と銀色の部分になっています。
ここもまた、Tの屋根のずれが気になります。

キハ82 101_R.jpg
先ほどの101の写真。
発煙筒はクリーム色。

キハ82 901 2_R.jpg
これはキハ82 901発煙筒はギリギリクリーム色の所?

DSC_0452_R.jpg
キシ80 上がT。

DSC_0454_R.jpg
手前がT。
まだ付属のパーツは付けていません。

DSC_0457_R.jpg
ついでですからキサシ80も並べてみました。

DSC_0460_R.jpg
少し強引ですが、連結してみました。

DSC_0462_R.jpg
繋がるのですが、こんな状態。
Tのカプラーがキビシそう・・・やめた方がいいようです。

DSC_0492_R.jpg
キロ80。上がT。
車掌室の窓が後年改造された形状で表現されています。

DSC_0494_R.jpg
上がT。
屋上アンテナの配線がモールドされています。(パーツはまだです)

DSC_0476_R.jpg
今回のセットの付属パーツ。
左のランナーは増結編成のパーツ。
後は、基本セットに入っていました。

DSC_0477_R.jpg
こちらは、別売りのヘッドマーク。

DSC_0481_R.jpg
一番上が、基本セット付属のマーク。
後が、別売り。
「おおぞら」の文字が少し下がっちゃってます。

DSC_0483_R.jpg
Tのキハ82のボディを外し、グレーの歩み渡り板を外し(グレーの取付足を押すと簡単に取れます)クリーム色に交換・・・札サウ車風に・・・。

DSC_0500_R.jpg
ヘッドマークとエンブレムだけは取り付けて・・・あら、Kのエンブレムが一つ・・・後で付けます。
(Tのエンブレムをピンセットではさんで、パチン!!異次元に行ってしまったのはナイショです。)

TOMIX キハ82 インレタ_R.jpg
同年輩の小さな文字を見るのが大変な方へ・・・
インレタをスキャンしてみました。(クリックすると、もう少し大きくなります)

82系1974_R.jpg
ついでに、1974年・・・82系系の全盛期?の「函ハコ」「札サウ」の配置車両。
(クリックすると、もう少し大きくなります)
どちらの編成にしようかなぁ~。
Kの製品のキハ82はすべてが後期形ですので・・・
などと配置を考えつつ、渡り板の色を決めてゆきたいと思います。

  キハ82の赤字は初期車(900番台はキロ初期車よりの改造車)
  キハ80の赤字は初期車・・・キハ81と共に製造され、給水口の位置などが違う
  キシ80の赤字(903)はキサシ80の改造車(一時期キサシのまま耐寒工事を施し道内を走っていた)

DSC_0507_R.jpg
Kのヘッドマークの光の漏れどうやったら、よくなるのかなぁ~、とりあえず黒で銀モールの周り塗ってみましょうか?

キハ82 78_R.jpg
TOMIXとKATOのキハ82、の比較を簡単にしてみましたが、一長一短の様です。
お好みで・・・というのが一番でしょうか?

今回のTOMIXの製品は私の財政を急に悪化させてくれました・・・
昔、中学生だった私が、お小遣いをためては一両ずつ買い足していった・・・そんな買い集め方、今はできないんですよねぇ、
それとも今の子供たちはお金持ちなんでしょうか?

33_R.jpg
やっぱり、82系はいいなぁ~
13両編成で低い唸りをあげながら走ってくる姿、もう一度感じてみたいです。






速報二題 つばめ10周年・・・ TOMIXキハ82到着 [鉄道?]

ご無沙汰してしまいまして・・・
ネタはいろいろと溜まってきているのですが・・・
最新ネタから・・・

DSC_0128_R.JPG
本日の朝。
西武池袋線の清瀬駅から・・・

DSC_0222_R.JPG
こんな列車に乗り・・・

DSC_0156_R.JPG
こんな事したり・・・

DSC_0227_R.JPG
こんな写真を撮ったり・・・

DSC_0275_R.JPG
こんなところに行ったり・・・

詳しくは後日。

もう一つの速報
DSC_0305_R.JPG
こんなものが到着。

DSC_0307_R.JPG
基本セット+増結セット
しかし、鉄道模型のメーカーとして、この表現はいかがなものでしょうか?
キハ82系の実車は、始めは6両が基本編成で、その後7両が基本編成となっていました。
北海道での活躍していた頃は、7両基本編成に6両増結で「おおぞら」「おおとり」などの13両編成に、また3両の増結編成で「北斗」の10両編成だったり。

TOMIXさんの基本セットは4両だけなんです。増結セットは3両。合わせて基本編成。

現役時代の82系を知らない世代の若者たちは勘違いをしてしまいそうです。

しかし、財政を圧迫するセットです!!

DSC_0308_R.JPG
キハ82は、初期タイプと後期タイプに作り分けられています。

DSC_0314_R.JPG
3種類のキハ82を並べてみました。
一番下は、私が中学生くらいの頃の製品。
そうして・・・
あとの2両は、あまり変わらない?
真ん中が今回のTOMIX製品。(4両+3両で定価 25,100円)
一番上がリニューアルされてからかれこれ10年たった、KATO製品。(6両基本でたしか 16,000円だと思った)

DSC_0316_R.JPG
細かく比較するのは、今度の週末という事で・・・

DSC_0319_R.JPG
そう言えば、編成表の訂正が入っていました。これで2週間ほど発売遅れたのかなぁ~

ボチボチと溜まっていた、ネタから放出してまいります。



初七日 [今日の出来事]

D81_2604_R.jpg
時々、このブログにも登場していたコイツ。

DSC_0078_R.jpg
10月28日の早朝に、逝ってしまいました。

我が家に来たのは2011年の春。
まだ、片手に乗る様なくらいの小さな子犬でした。
部屋のどこにでもオシッコしたり、襖をカリカリ穴をあけたり・・・
それから、約4年と半年しっかりと家族の一員となっていました。
それが、10月25日の夜あたりから体調がおかしく、元気もなくなり・・・
翌日に入院、そうして火曜日に開腹手術・・・
先生の懸命の処置もかなわず、水曜日の朝4時に先生から電話があり・・・

急性膵炎で、膵臓が肥大し、胃を圧迫、バイパス手術を行ったものの、体力が持たず・・・
4歳と7か月・・・人間で言えば30歳半ば・・・
我が家に来た時には柴犬は15歳くらいまでは・・・と聞き、定年退職してから逝かれたらつらいなぁ~
なんて考えていたのですが、こんなに早く、こんなに急に逝ってしまうとは・・・

何時までも落ち込んでいられませんので
ボチボチと活動は再開させていただく予定のsuzuran6でございます。






メッセージを送る