So-net無料ブログ作成
検索選択
東北周遊旅行 ブログトップ
前の10件 | -

東北ミニ周遊 3 [東北周遊旅行]

盛岡.jpg
盛岡駅での455系‥かなぁ 一応、Nの編成の参考にはなります。
しかし、写真が少な過ぎます!!フィルムが高いにしても、もう少しは撮影しても‥と当時の自分に対して後悔しております。でも、ボゥッとした旅行を楽しんだ記憶がありますので、それはそれで良しとしましょう。
野辺地.jpg
野辺地駅 なんとも無い写真ですが、妙に気に入っている写真です。
恐山 記念1.jpg
恐山 記念2.jpg
こんな記念切符、良く買ったなぁと思っています。稲川淳二の世界です。
不気味ですよね。売れなかったでしょうね。
入場券 十和田南.jpg
大湊まで行っていた様です。
この時の連絡船の写真もスタンプもありません。
連絡船を好きなはずですが‥後悔ばっかりです。
東北ミニ周遊 終わり

東北ミニ周遊 2 [東北周遊旅行]

ミニ3.jpg
ミニ4.jpg
この路線図を見るとまだまだ、ローカル線がたっぷりと残っています。北海道はこんなに路線がありました。
今はまるで、明治末期程度の路線ですよね。
いなほ.jpg
弘前~大館~好摩 残念な事に、列車名、編成などの記録は一切ありません、ただ、ボゥッと乗っていただけです。
何処の駅での待機でしょう?
陸中花輪?.jpg
架線がありません。陸中花輪あたりでしょうか?
腕木信号、あちらこちらにありました。
計画性の無い旅行でした。ミニのエリア外でしたが、好摩で宿泊先は発見できず。盛岡まで移動
駅の旅行センンター辺りで、安くていい宿泊先を‥と相談、結局肴町のバスセンターよりバスにたっぷりと揺られ
「岩手いこいの村」に宿泊‥夏休みで市内のホテルが取れなかったのですが、結局バス代を入れると、無理をして市内のちょい高めのホテルでも良かったのに、等と後で反省
しかし、この時に、肴町の喫茶「車門」を発見、当時は喫茶店まわりも趣味でした。たしか実家にマッチが残っているはず‥
岩手山.jpg
岩手山?
夕日.jpg
広い部屋から、ビールを飲みながら一人さびしく景色を眺めていました。

東北ミニ周遊 1 [東北周遊旅行]

兄が、弘前に赴任していた頃に遊びに行きました。
ミニ周遊券を購入、ついでに軽く一回り‥
ミニ1.jpg
ミニ2.jpg
裏面の○手の印は?記憶にありません。手稲車掌区?手荷物を発送した?

指定券を購入、バスで中学校修学旅行以来の十和田湖でも見に行こうと計画‥
4連 指定券.jpg
この4枚は繋がったままです。車内検札の跡もありません。北斗2号~22便は使っています。
しかし、到着の翌日は兄が休みを取っており、バス指定券¥200×2は忘れて、市内観光に変更‥
おそらく‥中央弘前駅‥これに乗った記憶はありますが、どこを観光したのかは、記憶にありません。
中央弘前.jpg
当然現在は銀色の電車に置き換えられているでしょう、いい味出していますよね。
が、どういう経歴のなんと言う車両かはわかりません。
中央弘前2.jpg
若い頃の私です。
その2 へ続く

東北周遊旅行 14 最終 [東北周遊旅行]

弘前のコピー.jpg
5枚目の入場券、読めないのですが、フォトショップで読み込み色々と加工してみると「弘前駅」でした。何枚か読めなくなっているものがあります。やっぱり硬券がいいですね。
キハ114‐キハ17370‐キハ11101-キハ20261‐キハ20216
列車名判らず。五所川原~弘前?
オハフ1374‐オハ12309‐オハ12305‐オハ12306‐スハフ1288‐スロ622062‐スロ542036‐オユ102022
機関車不明、列車名不明もうチョットちゃんと記録しておけば‥しかしグリーンが2両の立派な編成「急行」間違いないでしょう。 弘前~青森 初の12系乗車「電車?」と感じたことだけは覚えています。
名称未設定 35.jpg
青森駅で出発待ちの20系「ゆうづる」以前もUPしました、再掲です。
名称未設定 36.jpg
この日乗船の「大雪丸」です。
大雪丸.jpg
小島北星堂さんの絵葉書です。
大雪丸スタンプ.jpg
翌朝、ホームにいた山回りで小樽へ‥なぜ? 周遊券を残したかったからです。
もう函館に着いた時点で、まるで家に帰って来た感じで列車内ではまた「爆睡」ただそのまま札幌に向かいました。
DD51742‐スユニ60211‐オハフ6220‐オハ62100‐オハフ33451‐スユニ60214‐オユ102501‐マニ362236‐マニ362123‐マニ602406‐マニ602104
あっけない幕切れですが、これが東北周遊旅行の最後です。
入場券 小樽.jpg
ここでなぞが‥函館駅9/4の入場券が出て来ました。行ってません、8/4にはじっくりと函館にいました。
日付の間違えなんてあるのでしょうか?
ついでですので、札幌駅 54321 と 5555 と 名古屋 123 を‥80円 100円 140円 今は160円でしたっけ?




東北周遊旅行 13 津軽鉄道 [東北周遊旅行]

急行「津軽」1号 スハフ452201‐オハ472215‐オハ472269‐オハ462541‐オハ472205‐オハ472328‐スハネ162220‐オロネ‐102042-スロフ622018‐マニ362337 機関車の記録がありません‥この時代はED75?
ノートのメモによると、”雨のために「院内」付近にて「最徐行」3時間近く遅れる。デッキで寝ていたため服が汚れてしまった”とあります。
「津軽」は当然混んでいました。デッキに新聞をしいての一晩‥疲れがどんどん溜まっていた様です。
予定では 東能代発 7:23 1724D でしたが、実際は 9:22発 1731D 五所川原13:09着に乗りました。
途中 深浦 での写真です。だと思います。もしかすると鯵ヶ沢‥
深浦.jpg
←キハ22342‐キハ11102です。この列車では「爆睡!!」の記憶しかありません。一度出張で「リゾートしらかみ」に乗り景色を堪能した事がありますが、それどころではありませんでした。
なぜか、鯵ヶ沢で乗り換え‥←キハ22155‐キハ1790‐キハ17369
雨の影響で、ダイヤが乱れていた様です。
五所川原までなんとか着きました。ここは駅前の木造バスターミナルがいい味を出しています。‥写真ありませんが。
今はどうなっているのでしょう?
五所川原 キハ24025.jpg
実は記録にはありませんので自信は無いのですが、五所川原~嘉瀬間を往復してきました。(たぶん)
←キハ24025‐キハ25026‐貨車 国鉄キハ1131・32の払下げ車両です。
TOMIXのキハ11のトイレ窓を塞ぎ、西武トニーベージュと黄かん色、そして Kitchen製 のデカールは準備出来ているのですが‥
五所川原車庫.jpg
楽しい、まるでレイアウトの様な配置です。
嘉瀬.jpg
何処の駅での交換か不明です。
嘉瀬 キハ24024.jpg
乗って来た列車を見送る‥「嘉瀬駅」の様な気がします。
DCに貨物がぶら下がっているのもなかなかいい雰囲気です。でも、当時はかっこわるいと感じていました。
乗車券はここまで、そしてここから購入していますので、嘉瀬までは来ているはずです。
嘉瀬 キハ24021.jpg
五所川原へ向かう単行 キハ24021 
JRのダイヤはめちゃくちゃで、来た列車に乗ることしか出来ない状態でした。
車掌さんとの話で、とりあえず弘前まで行き、折り返し青森に向かう事になりました。
後は家に帰ることばかり考えていました。

東北周遊旅行 12  日中線 [東北周遊旅行]

会津加納駅での貨車の入れ替え作業です。
会津加納 1.jpg
まずは一往復目のワラ二両を切り離し
会津加納 2.jpg
この時には、写っている、親子、右奥の兄弟が撮影に邪魔と思っていたのですが、今この写真を見ると、風景・雰囲気を出していて「生きた」写真になっている‥と、自分で自分に感心。
会津加納 3.jpg
貨物ホームで待っていたワム・ワラを引っ張り出し
会津加納 4.jpg
すぐにはオハには繋げずに、最初のワラ二両をホームにおきます。
この後は連結作業~発車です。
   今でこそ見ることが出来ない作業ですが、おじさんが子供の頃には、チョットした駅には貨物ホームがあり、
   そして入れ替え作業がありました。「日通」の建物もかなり多くありましたよね。‥月寒にもありました。鉄道が
   移動手段以外の、貨物輸送(荷物運搬‥宅配便的に)としてかなり生活に近い所まで染み込んでいたような気
   がします。
   ‥「チッキ」で駅にリンゴが届いた‥おじさんにしかわからない言葉になってしまっているのでしょうね。
      おっと、何を書いているのだか    つぶやきです。
   ただ、今改めて、この貨物の入れ替え作業を振り返ると、ずいぶん手間ひまがかかっているので、
   効率が悪かった事が伺えます。
喜多方に着いた頃には、薄暗くなり始めていた記憶があります。
‥日中線、終わり‥
喜多方発 17:50 232レ DD5121‐オハフ332058-スハ322242‐オハ612909‐オハ612925‐スユニ602037‐マニ602608
郡山着 21:21 にて移動、もう暗くなり撮影はありませんでした
郡山発 21:24 1534M ←クモハ4537‐モハ4527-クハ45119‐クモハ45312-モハ45212-サロ451113‐クハ45125
白河 22:02着 おそらく郡山~白河が普通列車です。(白河から 急行あぶくま)当時の時刻表がありませんのでわかりません。もう、かなり疲れており、記録もいい加減です‥。この後 急行「津軽」1号に乗り込みました。
入場券 白河.jpg

東北周遊旅行 11  日中線 [東北周遊旅行]

そろそろ疲れてきていました。新潟から磐越西線で喜多方に到着。日中線に乗車、雨・夕方と薄暗くなっていました。
喜多方 16:32発 623レ DE1088‐オハフ612751‐オハ612581‐ワラ298-ワラ6657(熱塩 17:50発 624レ ワム8466-ワム63015-DE1088)
車内乗車券.jpg
車内で記念に購入しました。
あつしお.jpg
「味」があります。
熱塩 DE10.jpg
到着後すぐに機回し‥
熱塩 DE10 機回.jpg
意外とすぐに折り返し、発車です。駅舎の写真は残念な事に撮っていません。
熱塩 発車前.jpg
ワラの前にDE11が‥まもなく発車です。
熱塩 発車前2.jpg
駅舎らしいものがわずかに写っています。
17:50 に発車しました。貨車も往復?
今さら気づいたのですが、この旅行の時の客車は全て綺麗な様な気がします。写真で見ると光ってます。
‥日中線、続く‥

東北周遊旅行 10 EF58 EF15 [東北周遊旅行]

新潟 230レ.jpg
新潟 13:02発 230レ DD5115-オハフ332099‐オハ612716‐スハ322687‐オハ612905‐スユニ612017
DD15 15.jpg
これは何か違う‥DD51は見慣れているはずなのに、実はこの時は気付きませんでしたが、後日写真を見て、
前面の白線の位置が違っていつことに気付きました。
新津 EF58.jpg
車中よりの写真です。これまた、初めて見る 58 です。ピンボケの為‥おそらく EF58136 です。
EF15 128.jpg
さらに、さらに EF15 チョー感激でした。
EF15 128 2.jpg
ピンボケながらも EF15128 と判別。旅程を考えてこのあたりをゆっくりとすればよかったのに‥
入場券 萩野.jpg
途中2駅で入場券購入
喜多方 16:01 に到着です。

記事:100件目です。2月より始めましたが、続くときは続いて、サボるときはサボって‥これからも、こんな調子で続    けてゆきたいと思います。お付き合いいただける方、お付き合いください。
一番最初の苦労して張り付けた写真‥大好きな写真を勝手に再掲いたします。
いしかり 北斗.jpg
’77 高校時代の夏頃だと思います(当時は撮影日時の記録が大切とはまったく思ってもいませんでした)。有珠岳の噴火の直後に札幌市内にも火山灰まじりの雨が降ってきた記憶があります。その噴火からしばらく海回りの特急・急行はこの様な汚れ方をしていた記憶があります。‥文まで再掲‥


東北周遊旅行 9 新潟駅 とき [東北周遊旅行]

'76/8/9 新潟の駅で時間待ち
新潟 とき.jpg
雑誌等で見ていた、悪評高い?特急車両です。しかし、私は「かっこいい!!」と見ていました。今ではこの車両が絶滅危惧種になってしまっています。もしかしたら、「あずさ」で再会(乗車)していたかも‥
‥58系は「羽越」の回送?
新潟 とき 165系.jpg
見たことのない車両が次々と、165系‥旧客‥赤と黄色の車両は何‥違う国へ来たみたいでした。
.新潟 北越jpg.jpg
わっ、また「こだま」、私にとってはボンネットタイプはみんな「こだま」に見えてしまいました。今になって見ると、その奥の70系もしっかりと撮影しておけば‥でも「こだま」が優先でした。
新潟 60.jpg
この色が不思議でした‥「私鉄」?と思って見ていましたが、国鉄なんですね。

東北周遊旅行 8 庄内交通 モ3 [東北周遊旅行]

羽黒山五重の塔.jpg
羽黒山の五重塔です。
鶴岡には叔母が住んでおり、同年代、男三人兄弟の従兄弟がいます。(私も男三人兄弟)父方の親戚は比較的歳が上であり、従兄弟といってもおじさんでした。ここでは、近所を観光したりしてなんと4泊もしてしまいました。
庄内交通 モ3.jpg
庄内交通のモ3 たぶん善宝寺の駅だと思います。廃止後まだそれほどたっていなかったハズです。
鶴岡での予定は2泊だったのですが、叔母が「せっかくきたのだからのぉ、ゆっくりしてゆきなさい」の一言でほんとにゆっくりしてしまいました。お見送りがあったために、乗車の「羽越」の撮影はできず‥9両編成のりっぱな急行でした。
812D 急行「羽越」1号 キハ58100‐キハ28150‐キハ58532‐キハ58270‐キハ28180‐キハ581511‐キハ28121‐キロ28129‐キハ58486→
EF81 75.jpg
何処の駅なのか記録も記憶もありません。初めて見た、ピンクの機関車でした。
入場券 新潟.jpg
ものによっては手指の油脂分のせいでしょうか?変色してしまっている物があります。

前の10件 | - 東北周遊旅行 ブログトップ
メッセージを送る