So-net無料ブログ作成

すずらん  咲きま・・・ [花]

せんでした。

すずらん1_R.jpg
4月の中旬に目が出始めて・・・ワクワク!!

すずらん2_R.jpg
しかし、ゴールデンウィークになっても・・・
花が・・・無い。
花芽は今年無かった様です。

[次項有]いままでの「すずらん咲きました」はクリックしてみて下さい。

それではsuzuran6恒例の「すずらん咲きました」の記事が書けません!!
すずらん3_R.jpg
注文いたしました。
無事到着。

すずらん4_R.jpg
ここは、すずらんの缶詰なども販売している所です。

すずらん5_R.jpg
今回とどいたのは・・・
「ピンクのすずらん」
香りが白い物より強いんです。
江戸の日差しではキツすぎますので、一週間ほど、玄関に飾っていたのですが、いい香りに癒されておりました。

すずらん6_R.jpg
この「ピンクのすずらん」は花の中心部の発色が少ない「日本のすずらん」です。
ほんの短い間の限定品なんです。
皆さんも来年いかがですか?


で、こちらは・・・
すずらん7_R.jpg
実家の「すずらん」

すずらん8_R.jpg
ピントがしっかりと合いませんでしたが、こちらも花の中心部の発色が少ない「日本のすずらん」です。

すずらん9_R.jpg
来年こそは東京でも咲いてくれ!!

注意
強心配糖体のコンバラトキシン (convallatoxin)、コンバラマリン (convallamarin)、コンバロシド (convalloside) などを含む有毒植物。有毒物質は全草に持つが、特に花や根に多く含まれる。摂取した場合、嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺などの症状を起こし、重症の場合は死に至る。

北海道などで山菜として珍重されるギョウジャニンニクと外見が似ていることもあり、誤って摂取し中毒症状を起こす例が見られる。スズランを活けた水を飲んでも中毒を起こすことがあり、これらを誤飲して死亡した例もある。
                                                 (ウィキペディアより)
また、手入れをした後、よく手を洗わずに飲食し、中毒になった例もあるそうです。
お手入れの後の手洗いはしっかりと!!

花1_R.jpg
今年は、雪解けが早く気温も高めで推移、伸び放題!!

花2_R.jpg
雑草や、エリアを超えて育っちゃっているものをどんどん抜きました。
腰が痛かった・・・

花3_R.jpg
芍薬が咲きたて!!

花4_R.jpg
雨の後には下を向いておりました・・・

花5_R.jpg
こいつ、やっと咲きそうでした。

父が元気でもないのですが、まだ、寝たきりになる直前の頃「あのあたりに、たしかテッセンがあるはずなんんだけど、いろいろとほかのヤツにからまれたりして、どこにあるか分からなくなっているんだ。」と、絵を書き「こんな葉なんだけれども、救出してくれ!!」
さすがに小学校の先生をしていただけあって、絵は適切でした。しかし、救出できたのは、ほんのわずか・・・
「テッセン」の茎ってポキポキ折れやすいんです。
で、その後、茎は伸び、葉は出たのですが、なかなか花を見ることが出来ず・・・父は見ることができませんでした。
それからは、札幌に帰るとこの辺りだけは、細かに手入れをしていましたが、母が「一つ咲いていたよ」とは言っていたものの、私は実際に咲いている姿を見ることが出来ていませんでした。
そう、最初の救出劇から5年目、やっと柔らかくなってきた蕾を発見!!
札幌に居る間に咲くか?
途中気温が上がり、可能性が・・・
ダメかな?と思った、東京に戻る日の土砂降りの止んだ時、見てみると!!

花6_R.jpg
咲いてます!!
まだ、花弁は完全に開いていませんが!!
ん・・・白で無い・・・「テッセン」ではなく「クレマチス」でした。でも「クレマチス」も「テッセン」とも言うとの事です。

帰る前に、仏壇の中で暮らしている両親にしっかりと報告してまいりました。・・・チーン。

花9_R.jpg
小さい花でも、たくさん咲くと綺麗ですね。

花8_R.jpg
こう言う写真を撮るためには、常に三脚持って歩かないとダメなのかなぁ~

で、今回はたっぷりと花をお見せしました。

なので、次回は!!

お楽しみに・・・・


メッセージを送る